前へ
次へ

中国語を学生の時にしっかりと学習したこと

大学に入ると第二言語を選択するのですが、なんとなく気分で選んだのが中国語でした。当初はそれほど真面目に学習するつもりはありませんでしたが、文法が意外と簡単だったので、それを元に語彙を学習していったところ、学習スピードが加速度的にアップしました。そんな感じで中国語の勉強が楽しくなり、ついには中国大陸へちょくちょく旅行に出かけるようになったのです。学習したことを現地で使うことで、日本で学んだことでも現地で通用することがとても楽しく、どんどん中国にハマっていきました。大学3年生になる頃にはある程度話せるようになっていたので、通訳のアルバイトをしたりしながらさらに力を付けていきました。大学の専門の授業よりも語学に力を入れていたので、みるみるうちに上達していくのがとても楽しかったです。やはり好きなことだと人間は機会さえ得られれば、あっという間に上達するものだと言うことを身を以て実感することができました。

Page Top