前へ
次へ

中国語を学習する上での基本

中国語をこれから学習したい方は、まず基礎になる文法からです。 中国語の文法は英語とよく似ていると言われています。いわゆる第3文型SVOです。S=主語が初めに来て、V=述語(動詞)からO=目的語(名詞)へと続いていくのが基本になります。すべてが基本通りではありませんが、これを基本に覚えておくのが良いでしょう。あとは、すべての言語に言えることですが、とにかく単語を覚えることですね。日本語でも英語でも中国語でも、知っている単語が多ければ多いほど言いたいことが伝えられますし、相手とのコミュニケーションがうまくいきます。単語の勉強は、外国語を勉強するうえでは必須となるでしょう。そして、発音の基本です。発音は基本的に4つの発音で成り立っており、「四声(しせい)」と言います。発音を勉強するうえでは、「ピンイン」という4つの発音記号を覚えてさえおけば、発音は簡単で分かりやすくなります。日本と中国の関係は、経済を中心に切っても切り離せない関係になっています。中国語の学習は、今後の自分の将来に役立つ機会もあるのではないでしょうか。

Page Top